総合病院の待ち時間

Posted by _pl@K5d on 27/05/2016 | Subscribe
in その他

大手の病院になればなるほど待ち時間が長く、たとえ順番とはいえ時間は要することは多いようです。
この問題は、いまに始まったことではなく昔からそうでした。
多少改善は見られるのかもしれませんが、これは医療の抱える大きな課題でもあります。
患者にとって、長時間待たされるだけでも、精神的にいいのもではなく、早い診察が望まれていることなのです。
逆に、開業医などの医院の多くは待ち時間が少なかったり、完全予約制度になっていたりと工夫が見られています。
時代の変革とともに、より高度な治療の提供は言うまでもないですが、最も削減すべきは待ち時間ロスではないかと思います。
インターネットの普及により、社会構造は便利に快適になってきたのは事実ですが、取り残された負の部分もあるのも事実です。
なんとか、さらなる患者のための病院である観点から、サービス面の向上は必須でないでしょうか。
利用しやすい病院にするには、これまでのあり方をゼロベースで見直すことができるのか否かキーポイントでもあります。
これまでの風習や方法に改善と工夫を加えて改善していかなければいけません。
近代化された建物同様、全てが近代化されていなければ、本来の意味がないのではないかと今改めて考えています。